食事後の歯磨きは必ず行った方が良いの?

衛生環境を整えるために

このコラムをシェアする

様々なトラブルの原因

食事の後は、口内に食べカスなどの汚れが溜まっています。
ブラッシングせずに放置すると、バイ菌が繁殖して病気になってしまうかもしれません。
口内環境を綺麗にできるよう、食後はブラッシングする習慣にするのがおすすめです。
また口内環境が汚いと、次第に口臭がひどくなっていきます。

口内のトラブルのほとんどの原因は汚れで、現在トラブル起こっていても、ブラッシングの習慣を続けていれば口内が綺麗になり、トラブルを改善できます。
虫歯を発症すると、歯医者で痛みを伴う治療をしなければいけません。
肉体的にも精神的にも負担が大きく、最初から病気を発症しないように気を付けましょう。
口内を隅々までブラッシングすれば良いだけなので、難しくはありません。

時間がない時はどうするか

朝食や夕食の際は家にいるので、時間をかけてブラッシングができると思います。
昼食は外出時に済ませる人が多く、家のように丁寧なブラッシングができないかもしれませんね。
外食が多い人は、携帯用の歯ブラシを持ち歩いてください。
食事を済ませたらお手洗いに行って、軽くでも良いので歯をブラッシングしてください。

軽く磨く時間もなかったり、歯ブラシを持っていなかったりする時は、水で口をゆすぎましょう。
すべてではありませんが汚れが落ち、少しは綺麗な口内環境を維持できます。
また食事の後だけでなく、間食の後にブラッシングすることも欠かせません。
特に甘いスイーツを食べた後は口内に汚れが溜まりますし、糖分をエサにして、虫歯菌が繁殖してしまいます。