食事後の歯磨きは必ず行った方が良いの?

自分のやり方を振り返ろう

このコラムをシェアする

力を入れずにブラッシング

ブラッシングでは、口内を傷つけないことを心がけてください。
汚れを落とせても、歯や歯茎が傷ついたら意味がありません。
これまで強い力を入れて磨いていた人は、今日から改めましょう。
ブラッシングをするたびに歯茎から血が出る、歯ブラシがすぐボロボロになってしまう人は、力が強すぎる証拠です。

歯ブラシを軽く歯にあてて、小刻みに動かしてください。
それが、正しいブラッシングになります。
前歯を磨く時は歯ブラシを横に持ち、奥歯や歯の裏側を磨く時は歯ブラシを縦に持ち直しましょう。
部位ごとに磨きやすい持ち方があると理解し、適切な磨き方を理解してください。
ブラッシングは時間を掛け丁寧にすることで、隅々まで汚れを落とせます。

毛先に注目して選ぼう

歯ブラシには、様々な毛先の種類があります。
固めの歯ブラシや柔らかめの歯ブラシがありますが、口内を傷つけたくないなら柔らかめの歯ブラシを選択しましょう。
歯ブラシの中で最も刺激が少なく、歯茎が弱っている人でも使用できます。
毛先が固い歯ブラシに比べて、汚れを落とす能力が控えめだということを忘れないでください。

時間をかけて念入りに磨かないと、完全に口内の汚れを除去できません。
ちなみに毛先が普通の歯ブラシは、最も一般的だと言われています。
汚れを落としやすいので、歯茎が弱っていたり、すでに歯周病や歯槽膿漏などの病気を発症したりしていない人は、こちらのタイプを選びましょう。
自分にとって、磨きやすい歯ブラシを見つけてください。