食事後の歯磨きは必ず行った方が良いの?

どんな歯磨き粉が良いのか

このコラムをシェアする

おすすめの歯磨き粉

大抵の人は、ブラッシングをする時に歯磨き粉を使います。
病気の予防に効果を発揮させるためのもので、目的に合う歯磨き粉を選んでください。
虫歯予防を第一に考えているなら、フッ素が含まれた製品がおすすめです。
フッ素は汚れを落とし、歯を丈夫にしてくれる効果を持っています。

歯槽膿漏や歯周病が気になっている人は、歯茎を丈夫にする効果がある歯磨き粉を選びましょう。
放置するとどんどん歯茎が衰え、歯が抜け落ちてしまいます。
また歯に着色汚れがついて気になっている人は、ホワイトニングができる歯磨き粉を探してください。
人と会う機会が多い朝や昼のブラッシングはホワイトニング用の歯磨きを使い、夜は虫歯予防の歯磨き粉で口内環境を整えるなど、時間帯によって使い分ける人もいます。

他の道具も併用しよう

歯ブラシだけでは、歯の隙間に挟まった汚れを取り除くのが難しいです。
歯間ブラシに加えて糸ようじを使ってください。
これらは口内の細かい部分を、ピンポイントで掃除できる優れた道具です。
歯ブラシで口内の全体をブラッシングした後に、気になる部分に使ってください。

口内環境を整えるためには、定期的に歯ブラシや歯間ブラシ、糸ようじを交換しましょう。
目安は、1か月に1回です。
1か月も同じ歯ブラシを使ってブラッシングを続けていると、雑菌が増えてしまいます。
目に見えなくても、大量の雑菌が付着していると思ってください。
雑菌が付着しているような歯ブラシでブラッシングをしても口内環境を綺麗にすることはできず、むしろ汚す危険性があります。